引越しの荷造りや梱包を上手にする方法

引越し業者を選ぶらなら一括見積もりがお得!

大手引越し業者の無料見積もりが可能!
ネット簡単60秒登録!嬉しい特典付き!
引越し価格ガイド

引越しの荷造りや梱包を上手にする方法

引越しというとまず『荷造り』という言葉が浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

 

確かに引っ越し作業にとっていちばん大切でしかも大変なのは、荷造りと言っても過言ではありません。

 

引越し当日になってしまえば、引越し業者が全ての荷物を運んでくれるため意外とやらなければならないことは少ないものです。

 

いちばん大変なのは、引越し当日までの準備、つまり荷造りなんですね。

 

この準備をスムーズに行えるかどうかで引越しの費用にまで違いが出てくる場合もあるので、
余裕を持って無駄のない準備を進めていきたいものです。

 

引越し荷造りをただ漫然となんとなく行っていくと、思いがけず荷物がまとまらず
段ボールの数ばかりが増えてしまうということにもなりかねません。

 

段ボールの数が増えすぎると、引越し業者に支払う費用がアップしてしまう可能性があります。
そんなことにならないためにも、引越し荷造りはできるだけコンパクトになるように進めていきましょう。

 

引越し荷造りでいちばん神経を使うのが、割れ物の梱包です。

 

食器類などの割れ物同士がぶつかると割れてしまうことがあります。
少し手がかかりますが、割れ物は1つ1つ新聞紙や梱包材などで包むようにしましょう。

 

すき間ができると段ボールの中で移動して割れることもあります。
すき間なくきっちりと詰めるようにします。

 

衣類は引越し業者によってはハンガーボックスを貸してくれるところもあります。
この場合はハンガーのままかけて収納することができるので、シワになることもありません。

 

もしもハンガーボックスに入れずに段ボールに入れる場合は、
きちんとたたんで厚みのあるものから順に段ボールに入れるようにしましょう。

 

引越しの時には冷蔵庫の中も空にして、遅くとも前の日からプラグを抜いておく必要があります。
まずは冷凍庫に入っている氷などを出し、溶けて水分が漏れ出さないようにしておきましょう。

 

冷凍食品や生鮮食品は引越しまでに食べきるようにします。
ドレッシングやソースなど、使いかけの調味料は、
ただ段ボールに入れるだけでは漏れてしまうこともあります。

 

フタの部分にキッチンペーパーなどを巻いて輪ゴムで止め、
瓶の部分は新聞紙や梱包材で包んで割れないようにしましょう。

 

段ボールには横に倒さず、縦にきっちりと詰め込みます。

 

引越し荷造りの鉄則としては、軽いものは大きめの段ボールに入れてもいいのですが、
重いものはできるだけ小さい段ボールに入れるということです。

 

本などの重いものを大きい段ボールにたくさん入れてしまうと、
一箱がとても重く、運び出すのが大変です。
重いものはあまり大きな段ボールに入れないようにしましょう。

 

>>引越し後の荷ほどきを効率的に済ませる方法とは?

引越し業者を見つけるなら一括見積り!

最大で50%も安くなる方法は、こちらから見積もり依頼!


引越し価格ガイド

 

見積もり依頼と同時に料金相場も分かる!


・全国200社以上の引越し業者と提携!
・実績1,780万件以上突破!
・最大で50%安くなる!
・一括見積もりでラクラク比較



引越し価格ガイド






引越し侍

 

引越し業者と荷物を入力するだけの簡単比較!

・大手から地元業者まで、提携業者は全国230社以上!
・すぐに引越し業者を選べます
・料金が格段に安くなります!



 

引越し侍





引越し業者は、一社に見積もりするのではなく一括査定がお得!
迷ったたらこちらがオススメですね。


引越しをご検討をされているあなたへ!

条件を入れて頂くだけの簡単入力
今すぐ見積もりが可能!
引越し価格ガイド

値段交渉の方法 引越し体験談 引越し退去時で敷金が戻る? 引越し業者の選び方